Contents
 
 
   
 
昔の愛車:日産「プリメーラ」

 120,000kmほど乗って、「乗り潰した」プリメーラ2代目(P11-Te-V)です。これで、よく遠出をしました。
 
 当時は、CVT技術が未熟で大きなエンジンパワーに対応することができませんでしたが、この自動車は2リットル 車では、世界初のCVT搭載車でした。
 
 また、当時の技術レベルで衝突安全性の高い車(当時のヨーロッパ自動車衝突テストで日本車トップ)のため、安心して運転できました。
 
 ただ、高すぎる車体剛性(フロントとリアにストラットタワーバーが純正で入っている)と飛ばすための装備 (飛ばせば飛ばすほど、強いダウンフォースが得られる大型のリヤスポイラー)、そして、リッター100馬力近い NEO-VVLエンジンによる強大なエンジンパワーは、速度感を全く感じさせない危険な自動車でした!

 
 
   
大間崎 ~本州最北端~

 知人の結婚式に行った帰りに寄った場所です。友人の結婚式は、青森市中心部で行われた のですが、前の日の晩に休むことの出来ない大事な会議があり、夜中に自宅を出発して、 眠さと戦いながら一晩で700km以上を走破(上記のプリメーラP11を使って)し、 お昼前から行われる披露宴に何とか間に合いました。
 
 奇しくも、青森は太宰治生誕の地、まるで「走れメロス」でした。 運転しているときの心境も、あの物語通りでした!

 
 
 
   
 
秋田 ~佐竹資料館~

 秋田市立佐竹資料館を訪問した際に、驚かされた展示品です。ガラス越しに開いている歴代奉行の ページに、偶然にも私と同姓の人が奉行として記載されていました。学芸員の方が適当に開いておいた のでしょうが、偶然というのは恐ろしいものです。いや、統計的に考えると、別のページにも「滑川」 の町奉行がたくさん載っているのでしょうか。そういえば、本家の伯父から「1600年に秋田への行って しまった祖先もいる」と聞かされていました(帰りに学芸員の方に聞いたのですが、残念なことに、 詳しいことはわからないようで、「デジタル化を進めているので、もう少し待って欲しい」とのこと でした)。
 
 西暦1600年、「関ヶ原の戦い」への参戦に失敗した佐竹藩(石田三成と徳川家康のどちらにも つくことができず、日和見をしてしまった)は、常陸太田城から秋田への転封を余儀なくされました。
 
 滑川家は、頼りない佐竹家をいつも助けていた諸葛孔明のような立場でした(1506年に「山入の乱: 佐竹家の100年戦争」を滑川一族が中心となって治めましたが、それに先立ち、戦の目処がついた1503年、 滑川式部・滑河兵庫助・滑川藤四郎の3名が佐竹義舜から恩賞を受けています(「秋田藩家蔵文書」の 8-18, 8-34, 8-19, 8-20にこのときの恩賞記録があります)。別の記録には「1504年に滑川通繁が 佐竹義舜を助け、山入氏義を滅ぼし、常陸太田城を奪還せしめる」とあります。この功績により、 1507年には、常陸太田城のシンボルである舞鶴をモチーフとした家紋を佐竹家より授っているので、 この系統の滑川家の家紋は「舞鶴紋」となっています。さらに、「秋田藩家蔵文書」には、何度も 佐竹氏から滑川一族へ、何度も恩賞や知行沙汰状、名前の寄与などが記録され、頼りにされていた ことが伺えます。もともと、滑川家は「藤原北家秀鄕流」の小野崎から分かれた家であり、 佐竹家は源氏であるので、あくまでも領内を治めるのは武士の頭領としての源氏である佐竹家の 仕事ということだったのでしょう。)ので、滑川一族の多くは、関ヶ原から茨城へ戻ることさえも 許されず、秋田へ直接行きました。
 
 しかし、私の直系の祖先「滑川三兄弟」は、秋田へ行かず、ちょうど車善七が「水戸城を奪還 してやる」と言って出て行ったことと聞きつけ、その抜け殻となっていた「車城」付近(現:北茨城市) に陣取りました。これとは別に、日立市へ行った系統があり、日立市には「滑川本町」という地名 があり、そちらにも滑川姓の方がたくさんいます。
 
 この時期は、関ヶ原合戦の直後とのことですが、この車城付近に土着して生きるために田畑を 耕さなければなりません。まずは、3兄弟の取り決めとして「水利権」の争いがないように、 2つの水路を挟んだ3つの地域に長男・次男・三男の系統が分かれて住むことにしたそうです。 もともと、滑川家は、前述のように佐竹家の諸葛孔明の役を担っていた礼儀と知性を重視する穏やかな 性格の家系ですから、以後、400年あまり、3兄弟の家系は仲良く暮らしており、今でもその2つの 水路が見守っています。  
 さらに、当時は危険だと言われていた水戸徳川家(「生瀬 地獄沢」で検索すると身の毛の よだつ事件が記載されたリンクが出てくるでしょう!)の藩領に組み入れられないために、 新たに奪った領土の目の前で、水戸藩と線引きをして(ちょうど、「磯原駅」付近と言われています)、 旗本直轄の天領にさせたそうです(手続き・経緯については、言い伝えになく、どのようして、 そうなったのか不明)。
 
 当時、水戸徳川家は、佐竹氏が善政を敷いていた茨城北部の領民からは信用されておらず、そのため、 水戸光圀(黄門様)は、佐竹の居残り組を警戒して、領内をしきりに歩き回るという行動をしていた そうです(テレビでは、なぜか全国を歩き回っていますが)。
 
 先祖からの言い伝えの一つに、光圀が歩き回って来た時、米俵(苦労して収穫したお米)の上に、 光圀が偉そうに座ったので、先祖の一人(その家のお婆:さすが女性は強い!)が光圀のお尻を引っぱ たいたという話があります(今でも、田舎に行くと、親族のお婆さまが、「庭のこのあたりで」と、 その言い伝えを話してくれます)。

 

-ShortMessage- ↓メッセージをどうぞ!  b,i,s,uタグ可
Name-> Message->

 
07225